アンダーヘアをシェーバーで処理する方法

   

レディースシェーバー

広範囲のムダ毛処理にはシェーバーやカミソリを使う方が多いですが、これはどちらかというとシェーバーの方がお勧めです。

なぜなら女性用のシェーバーはカミソリや男性用シェーバーに比べて深剃りしないように作られているからです。

特にIラインの処理には専用のシェーバーを使うのが安全で確実という声もあります。

今回はアンダーヘア用のシェーバーの使い方や、処理後のケア方法について解説します。

アンダーヘア用のシェーバーはいつ使う?

ムダ毛の処理をしたくなるタイミングは人それぞれですが、やっぱり多いのは彼とのデート前日や脱毛サロンの予約前日。

水着や下着を披露した時に彼にはみ出したアンダーヘアを見られると恥ずかしいですし、脱毛サロンはあらかじめ処理していないと施術を受けられないことが多いです。

前日に処理し忘れても無料で処理してくれるサロンもありますが、専用のシェーバーを当日に買わないと処理できなかったり、その日の予約を取り消されるという厳しいお店も・・・。

とっさの時にすぐに処理できて、肌への負担が少ないことからシェーバーを愛用している女性は多いです。

アンダーヘアをシェーバーで剃る前の準備

アンダーヘアをシェーバーで処理する場合、出来るだけ新しいものを使うのをお勧めします。

もしシェーバーの刃が古くなっていたら交換した方が安全です。

刃が古くなると切れ味が悪くなり、何度も同じ部分を剃ることになるぶん肌を傷つけてしまいます。

少しでも持たせるためにお手入れにアルコール消毒をしておくのもおすすめです。

あらかじめ整える形を決めて、わかりやすく目印などをつけておくと処理する時にわかりやすいです。

最近ではアンダーヘア用の型紙も発売されているので、それを一緒に使っても良いかもしれません。

処理する部分の毛を決めたらまず、ハサミやヒートカッターなどで短くカットします。

長い毛のままだと、シェーバーでキレイに処理ができないのでご注意ください。

カミソリで自己処理する時は毛の流れに沿って処理をするのが基本でしたが、シェーバーを使う時は毛の流れに逆らって逆剃りすると剃りやすいです。

vライン

vラインは目で見やすいため、自己処理がやりやすいですよね。

vラインを残したい毛を残しながら、綺麗な形に整えてください。

アンダーヘアの形は逆三角形が人気なので参考にしてみてくださいね。

iライン

iラインは自分では見にくい部分なので難しいと思います。

鏡で確認しながら処理するようにしましょう。

性器に近い部位ですので鏡を見ながら性器を傷つけないように、下着を履いたまま左右を片方ずつ丁寧に剃ります。

下着を片方ずつ食い込ませるようにして剃ると安全ですしやりやすいでしょう。

oライン

oラインはアンダーヘアの自己処理で一番難しい部分ですので、まずは鏡でしっかりと形を確認しましょう。

お尻の曲線に沿いながら外側から内側へと電気シェーバーを当てることで安全に綺麗に剃れます。

シェーバーの刃が直接肌に当たらないよう少し浮かせながら剃り、お肌へのダメージを最小限にしましょう。

oラインは自己処理で完璧にできる方は少ないと思います。

もしoラインに悩んでいて、自己処理も難しいし怖い!という方はエステサロンなどでプロに頼るのもいいかもしれません。

アンダーヘアの処理にお勧めのシェーバー

アンダーヘア向けの電動シェーバーは色々ありますが、初心者の方にはIラインケアはじめてセットが使いやすいと思います。

Iライン向けに特化(Oラインにも対応)して刃の部分をコンパクトにしているので、細かく切り揃えたい方から、間違って剃りすぎるのを防止したい方まで、いろんな用途に使うことが出来ます。


Iラインケアはじめてセット

アンダーヘアの毛質を柔らかくして、消臭もしてくれるトリートメントもセットになっているので、「とりあえずこれだけ持っておけばいい」という一品が欲しい方には特にお勧めです。

「Iラインケアはじめてセット」の公式サイトを見る!

アンダーヘアの自己処理後にすること

自己処理をした後は、肌が少なからず負担を受けています。

冷えたタオルで処理した箇所を落ち着かせ、保湿クリームなどでしっかり保湿をしましょう。

また、人によっては赤みやかゆみが出る場合がありますが、何もせず一旦落ち着くまで待ちましょう。

もしなかなか治らない場合はデリケートゾーン専用の軟膏が市販されているので、軟膏に頼ると早く治ります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

iラインとoラインはカミソリで自己処理するのは怖いけどシェーバーを使えば安全に処理できそうですね。

シェーバーにも色々と種類がありますが、女性用の3枚刃や4枚刃を使用するとキレイに仕上がるでしょう。

防水タイプのシェーバーもありますので、自宅のお風呂で自己処理することもできますね。

カミソリで処理するとどうしても肌を痛めてしまうのでシェーバーを使う事をおすすめします。

関連記事