アンダーヘア専用のウィッグ!?どんなものなの?

   

髪の毛にウィッグを付けている写真

アンダーヘアをvio脱毛やブラジリアンワックスでハイジニーナ(つるつるの状態)にしてたんだけど、急に友達と温泉に行くことになった・・・

彼氏だったらまだいいけど、同性の友達に見られるのは恥ずかしいですよね。

またアンダーヘアに白髪があって恥ずかしい、遺伝的に薄毛なので見られると恥ずかしい、病気の治療の時に剃らないといけなかったからなど、理由は色々とあるかと思います。

そんな時に便利な物が、アンダーヘア用のウィッグです。

アンダーヘア専用のウィッグがあるなんて驚きです!

髪の毛のウィッグをしてオシャレにしてる女性って多いですが、実はアンダーヘア用のウィッグも存在しているのです。

アンダーヘア用のウィッグを使えば、恥ずかしいデリケートゾーンを隠すことができますね!

ここではアンダーヘア用のウィッグについて説明していきます。

ハイジニーナも白髪も遺伝による薄毛もウィッグで解決!

ハイジニーナにしてみたのはいいけど、温泉や銭湯に入る時どうしても目立ってしまいますよね。

アンダーヘアをつるつるにすると衛生的だし、臭いも減るし本人にとっては快適だけど、いざ他人の目に触れる機会があると、変な趣味があるって思われないかな?という心配も出てくるようです。

アンダーヘアを処理した人は特に温泉での同性の目が一番気になりますよね。

また白髪も遺伝による薄毛も気になって見られたくないと思います。

そんな方はアンダーヘア用のウィッグを試してみるのもいいかもしれません。

アンダーヘア用のウィッグはアンダーヘアのカツラですので、恥ずかしさを軽減させてくれるので有効に活用しましょう。

アンダーヘア用のウィッグの選び方

アンダーヘア用のウィッグはいくつも商品化されています。

アンダーヘア用のウィッグを選ぶときはまず自然な見た目の物を選びましょう。

ウィッグにも色々なタイプがあり、直毛やちぢれ毛などがあります。

明らかにアンダーヘアに見えない物もありますので、写真でしっかり確認しましょう。

見た目が普通に見えていれば問題ありません。

次に水に濡れても違和感がない物を選びましょう。

使用する場所は大体温泉や銭湯だと思うので、濡れても見た目に違和感が出ないことが重要ですね。

最後に大切なのが、外れることが無い耐久性です。

濡れたり引っ張ったりした時にすぐ取れてしまっては困りますね。

耐久性がある物を選ばないと恥ずかしい思いをしてしまいます。

石鹸やシャンプーでは剥がれないことも大事で、剥がす場合はクレンジングオイルを使う物を選ぶと良いでしょう。

アンダーヘア用のウィッグってどうやって着けるの?

吸着させる部分はシールタイプになっているので付け方はとても簡単です。

安全性の確認された特殊な吸着剤で密着させるため、強く引っ張っても剥がれません。

時間が経つほど地肌に馴染んで、肉眼ではほとんどわからないほど自然な印象になるようです。

外す時はクレンジングで簡単に行えます。

温泉に行くなら前夜か当日の朝に装着すれば、温泉に入る頃にはすっかり肌に馴染んでウィッグだと周りにバレる事は無いそうです。

水や強い力にも影響を受けない為、入浴はもちろん石鹸やボディーソープを使用しても問題ありません。

また、ウィッグなので好みの形にカットする方法も簡単ですね。

使い捨てや再利用可能なものもありますが、製品によっては耐久性が優れていて、2泊3日くらいの修学旅行や団体旅行にも耐えきれるでしょう。

また、使い捨ての場合でも使用期間は1週間くらい装着していても大丈夫だそうです。

サイズもMやLと選べたりするので、自分に合ったアンダーヘアのウィッグを選べますね。

アンダーヘア用のウィッグっていくらぐらいするの?

アンダーヘアのウィッグは結構なお値段します。

2万円以下の物もあれば3万円を超えるものもあります。

両面テープが複数枚とウィッグが1つ入っているような売り方をしているようです。

両面テープが複数枚入っているので、粘着力が無くなっても交換出来て安心ですね。

Mサイズ、Lサイズ、直毛タイプ、ちり毛タイプ、自分でカットする用に大き目な物、カットしないでいいように小さめの物など様々な形で売られていますので、自分に合った自然になるウィッグを選ぶようにしましょう。

まとめ

アンダーヘア用のウィッグがあるなら、ハイジニーナをするか悩んでた方も踏み切る勇気がわいてきそうですね。

また白髪や薄毛の悩みも、病気の治療による剃毛の悩みも解消されるので、お困りの場合は是非使ってみてください。

関連記事