ブラジリアンワックス後の正しいアフターケア!

   

アフターケアに使う石鹸の写真

ブラジリアンワックスをしてきれいになった!と喜んでいる女性の皆様に質問です。

ブラジリアンワックスでの脱毛後、アフターケアは十分にできましたか?

乳液塗っただけだったり、特に気にせず普通に生活していた人もいるかもしれませんね。

ブラジリアンワックスは脱毛の中でも肌への負担がかなり大きな脱毛法で、ブラジリアンワックスでの脱毛後は赤みやかゆみといった症状が起こりやすいのです。

脱毛してせっかくきれいにしたのに、肌が痛んでいるところを彼氏に見られたら・・・恥ずかしいですよね。

他にも毛穴が開くことで毛穴に雑菌が入り、炎症を起こして赤いぶつぶつとした毛嚢炎(もうのうえん)が起こる恐れがあります。

デリケートゾーンなだけに、アフターケアは必須ですね!

多くのサイトにも「アフターケアはしっかりと!」と書かれていると思いますが、ここではアフターケアの方法を詳しく説明していきます。

ブラジリアンワックスを使った当日のアフターケア

ブラジリアンワックスをすると毛穴が開いていますので、感染予防のために清潔を心掛けるようにしてください。

清潔にしないといけないからと言って、湯船に浸かるのは危険です。

湯船だと細菌が毛穴に入ってしまう可能性があるので、シャワー程度にしておきましょう。

皮膚への負担が大きくなってしまうので、ブラジリアンワックスを使った箇所をごしごし洗うのもやめて、脱毛した箇所は石鹸の泡で優しく洗ってください。

人によってはブラジリアンワックスを使った箇所が熱を持つことがあります。

その場合は冷水に浸したタオルなどを使ってブラジリアンワックスを使った箇所の毛穴を冷やして引き締めた方がいいでしょう。

デリケートゾーンに負担がかかっているため締め付けのきつい下着はよくありませんので、少しゆとりがもてる下着を着用するようにしてください。

また、プール・海・温泉・サウナ・汗をかくスポーツや刺激のある行為は避けましょう。

ブラジリアンワックスを使った日から翌日までは特に清潔に保つようにしてくださいね。

ブラジリアンワックスを使った2日から3日目以降の埋没毛の対策

埋没毛(まいぼつもう)とは、脱毛による乾燥や肌荒れによるダメージによって角質が分厚くなってしまい、毛が肌の中に閉じ込められることで、見た目では肌に黒いつぶつぶが出来てしまう症状です。

ここでは赤みが引いて毛穴が閉じ、通常のお肌と変わりなくなってからのアフターケアの方法を説明します。

まず化粧水やボディークリームなどでしっかりと保湿をしましょう。

肌をたっぷりと保湿することで埋没毛になるのを防ぐことができます。

しかし、保湿は大事ですが脱毛箇所が蒸れないように清潔に保ちましょう。

加減が難しいと思いますが、「やりすぎない」ことが大事です。

脱毛から1週間経過したころから週に数回、スクラブでのマッサージをする事がおすすめです。

埋没毛ができて、ピンセットや毛抜きで皮膚に傷をつけて無理やり出そうとする人がいますが、絶対にやめてください。

傷口から菌が入り、炎症を起こしてしまう可能性があります。

乾燥などの肌荒れや埋没毛を防ぐためにも毎日しっかりとアフターケアを行って清潔に保ってくださいね。

肌がヒリヒリする、毛穴から少し出血している時の対策

アフターケアをしっかりしてもダメージをゼロにすることはできません。

肌がヒリヒリする・毛穴から少し出血しているという方もいるでしょう。

そんな時はクーリングをしてみてください。

クーリングとは、氷や冷たいもので体を冷やすことです。

クーリングにより痛みの緩和、肌トラブル(赤み、腫れ)の防止、熱をとる、収れん作用により肌を引き締めるなどの効果があります。

収れん作用とはタンパク質を変性させることにより、組織や血管を縮める作用で、止血、鎮痛、防腐などの効果があります。

クーリングはプロのエステでもされることなので、おすすめのアフターケア方法ですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

アフターケアはしてたけど、ここに書いてあるアフターケア方法を全部はやってなかった!という方もいるかもしれませんね。

刺激の強いブラジリアンワックスをデリケートな箇所にするのでアフターケアはとても大事なことです。

肌トラブルさえなければ脱毛でつるつる、肌もつるつるなので彼氏に堂々と見てもらえますね。

皆さんもアフターケアをしっかりとして、できるだけブラジリアンワックスでの肌トラブルになるのを避けましょう。

関連記事