ブラジリアンワックスの効果ってどう?女性が知りたい脱毛情報

   

OKサインを出す女性の写真

最近は女性のVIO脱毛がどんどん浸透してきていて、セルフケアでキレイに処理できるブラジリアンワックスが話題になっています。

アンジェリカワックスのように天然成分だけで作られている商品も出てきましたし、アフターケアさえしっかりすればピンセットやカミソリを使うよりよっぽど安全に処理できますね。

今回はブラジリアンワックスの使い方、メリットとデメリットについてお話しします。

ブラジリアンワックスの効果や期間はどのくらいなのか?

ブラジリアンワックスは、カミソリやシェーバーと違って毛根から処理できる脱毛方法なので、ツルツルな無毛期間が長いという魅力があります。

もちろん個人差はありますが一度ブラジリアンワックスをおこなうと、約10~14日はツルツルな状態をキープできるでしょう。

女子にとってアンダーヘアのムダ毛を10~14日も処理をしなくていいのは嬉しいメリットですよね。

ブラジリアンワックスをおこなう頻度としては、経験者の口コミを見ていると1ヶ月に1度のペースで処理している人が多いです。

「効果は10~14日なのにペースが空きすぎてない?」と思う人もいるかもしれませんが、ブラジリアンワックスでキレイに脱毛するためには、2cm以上毛が伸びていないと施術ができないことが多いので、ある程度脱毛箇所の毛を伸ばしてから処理する人が多いようです。

このことを頭に入れておけば、再処理の目安になりスムーズにブラジリアンワックスがおこなえるでしょう。

また、ブラジリアンワックスはレーザー脱毛よりもコストが安く済ませることもできますし、広い面積を一気に処理することができ、毛抜きで抜くよりも短時間で処理ができます。

さらに医療レーザー脱毛や光脱毛は、1度形を決めたらずっとその形で脱毛しなければいけませんが、それに比べてブラジリアンワックスは、色々な形にチャレンジできたり、元の形に戻すこともできるのです。

ブラジリアンワックスの最大のデメリット

ブラジリアンワックスを使った人が声をそろえて言うのが「とても痛い」ことです。

「ワックスでアンダーヘアを固めて、ストリップス(専用のシート)を貼り付けて剥がす」という手順で脱毛するので、まとめて引っこ抜いた時の痛みは本当に染みます。

実際痛すぎてあきらめたという人は沢山いますし、特に敏感肌の方にはお勧めできません。

レーザー脱毛や光脱毛よりも安くて即効性はありますが、月1回この痛みに耐えられる方じゃないと続けられないでしょう。

そして、「痛いのは嫌だけどやっぱり使いたい」という方は痛み止めに頼るのも手です。

エステサロンによっては施術前注射やクリーム、ガスなどの方法でに麻酔をしてくれる所もあるので、予約する時に麻酔の有無を確認するのが良いと思います。

セルフケアでも薬局で買えるバファリンや麻酔クリームを使うと痛みが和らぎます。

鎮痛剤は場合は、外からの刺激に対しても多少痛みを軽減する効果があるので飲んでみる価値はあります。

セルフでブラジリアンワックスをするのって痛みがあって怖いと思うので、痛み止めの対策も試してみてくださいね。

ただ、感覚で痛みを感じなくても毛穴は広がったままなので、処理後は必ず保湿ケアをして肌を休ませておきましょう。

ブラジリアンワックスを続ければ薄くなるのか?

最初に書きました噂の検証になりますが、ブラジリアンワックスを使うとアンダーヘアが薄くなってくるのか?

答えは薄くなりません・・

ブラジリアンワックスを使って薄くなるというのは実は目の錯覚なんですね。

例えばカミソリなどで毛を剃った場合、毛を剃り落とす事で毛の断面積が大きくなりますよね?

なので毛が生えてくるときに断面積が大きい状態で伸びてきますので、毛が濃くなって見えるんですが、ブラジリアンワックスですと毛根からゴッソリと脱毛しますので、毛が伸びてくる時は毛先は鋭角になっている為、細く見えるんです。

細い事で毛の密度がカミソリよりも少なく見える為、ブラジリアンワックスを使うと毛が薄くなるという噂が流れたんですね。

ただ、ブラジリアンワックスを続けていると毛が生えにくくなったという女性は多い様で、毛根から処理する事で毛の生え変わるペースが遅くなってくるというメリットもあるようですよ。

ブラジリアンワックスのデメリット

ブラジリアンワックスは脱毛方法から考えて、どうしても肌へのダメージがあります。

一気に引き剥がすことで、肌が熱をもったり、赤くなったりと炎症を起こす可能性があります。

ワックスそのものが肌に合わずかぶれや湿疹が起こる人もいるようなので、施術の際はワックスのパッチテストをおこなうなど、自分の体調を見極めながら処理することをおすすめします。

脱毛後はしっかりと保湿して、弱った肌を保護してあげて下さい。

保湿を怠ると、弱った肌に菌が侵入してブツブツや、痒みの原因に繋がります。

どんな脱毛方法でもアフターケアは大切です。

また、ブラジリアンワックスの効果を確実に実感するためには上記に書いたように、アンダーヘアを2cm以上は伸ばしておかないといけないので、毛が伸びるまでチクチクを我慢するというデメリットもあります。

これにより、彼氏とのデートや友達との旅行に気が進まないといったストレスが溜まる原因にも繋がります。

ブラジリアンワックスはどんな人におすすめなの?

ブラジリアンワックスはどんな人におすすめできるのか紹介します。

コスパを優先したい人

ブラジリアンワックスでの脱毛はサロンなどで行うレーザー脱毛や光脱毛に比べると、かなり安く脱毛することができます。

永久脱毛ではないので、生えて来たらまた脱毛しないといけませんが、1回当たりの費用は少なくて済みます。

できるだけ短時間で済ませたい人

ブラジリアンワックスでの脱毛はエステサロンでも1回の施術時間が30分程度です。

短時間で施術できるのも便利ですね。

永久脱毛はまだ怖い人

永久脱毛してしまうと固定の形のままになってしまいますが、ブラジリアンワックスならvラインの形を変えてみよう!と思った時に自分の好きな形にできるのでいいですね。

色んなアンダーヘアにチャレンジしたい方におすすめです。

ブラジリアンワックスのサロンに行く前の下準備はした方が良いの?

上でも書きましたが、ブラジリアンワックスは2cm以上毛が伸びていないと施術ができないことが多いです。

しかし、カットはお店でやってくれるので心配はないでしょう。

でも見られるのがどうしても恥ずかしいという方はセルフカットしているようです。

セルフカットする場合は短くなり過ぎないように、ものさしなどを使って2cmくらいにカットしておきましょう。

vラインはなるべく自然な形になるように少量の毛束を指でつまんでカットします。

フロント部分は自分で見ながらカットできるので短時間でカットできるかと思います。

問題はiラインとoラインですね。

しゃがんで毛の流れや生えている箇所を鏡で確認し、vラインの時よりも少量の毛束を指でつまんで少しずつ慎重にカットしましょう。

多少長くても、サロンで切ってくれるのでそこまで気にすることはありません。

ブラジリアンワックスをする時は長すぎるのもNG?

ブラジリアンワックスの脱毛は毛根から脱毛を行うので、毛根部分にワックスが密着していないと失敗することがあります。

失敗とは途中で毛が切れてしまったり、痛い上に抜けないということです。

この原因は、毛が長すぎて他の毛の根元の上に重なっている時です。

しっかりと毛をキャッチできないと脱毛が不完全な状態になってしまいますね。

毛が2cm以上長さがある場合、他の毛と重なってしまう事が多くなり、こういった失敗が起こりやすいので要注意です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

もちろんブラジリアンワックスの効果は人それぞれ個人差がありますが、キレイに脱毛出来る事には変わりありません。

しかし少なからずデメリットもあるという事を念頭に入れて正しいやり方で脱毛する事が大切です。

関連記事