安くて使いやすい家庭用脱毛器なら「コスビューティーIPL脱毛器」

   

全身脱毛は何か月もかかってようやく1周、サロンで予約を取ろうとしても平日の午前中しか空いてない…なんてこともザラです。

しかし、アンダーヘアや体毛の処理は脱毛サロンに頼るだけでなく、自分で家庭用脱毛器を使うという手もあります。

家庭用脱毛器は「値段が高い割に当たり外れが激しい」と思われがちですが、今は安くても効果があって、ずっと使える脱毛器があります。

たとえば、コスビューティーIPL脱毛器がそうですね。

コスビューティーのIPL脱毛器とは

コスビューティーのIPL脱毛器

商品名 コスビューティー IPL脱毛器(光脱毛器)
セット内容 本体、接続ケーブル、サングラス 取扱説明書(保証書)
価格 19,800 円(税抜)
送料・代引き手数料 無料
お支払い方法 クレジットカード、代金引換
特徴
  • 照射回数2万回
  • 照射最大面積6cm
  • 交換用カートリッジ(2万回分は4,980円)

公式サイトはこちら

脱毛器ってやっぱり何万円もするものが多いんですが、このコスビューティーIPL脱毛器は19,800円とかなり安くなっています。

この価格は脱毛器業界最安級、サロン脱毛1~2回分くらいの価格で買えちゃうんですね。

参考までにミュゼプラチナムの全身脱毛コースと比較してみると、ミュゼが全身168,000円(アプリ使用で半額の84,000円)。

コスビューティーとミュゼどっちが安い?

サロン脱毛より脱毛器を使った方がずっと安いです。(ミュゼもサロンの中では安いほうですが)

ちなみに、コスビューティーのIPL脱毛器の「IPL」は「インテンスパルスライト」の略で、脱毛サロンともこれと同じIPL脱毛法を採用しています。

つまりコスビューティーのIPL脱毛器を使えば、脱毛サロンと同じクオリティの脱毛が家で出来るのです。

コスビューティーのIPL脱毛器はここが良い!

コスビューティーIPL脱毛器は最初に付いているバッテリーカートリッジだけで2万回の照射ができます。

2万回と言われてもピンときませんけど、これは約1年分、2週間に1回のペースで全身脱毛すると25週持ちます。(毎日使うと肌を痛めるので間隔を空けることが必要です)

また、先述のIPL脱毛によって毛のメラニン色素だけに反応する波長の光を照射するので、肌が焼ける心配はありません。

IPL脱毛で処理したわき

シェービング処理と違って毛穴も残らないので、安心して使えますね。

そして、コスビューティーIPL脱毛器を使う上で一番気を付けたいのは光のパワー調整です。

光の強さを5段階で調整できるので、肌の強さに合わせて使いましょう。

腕や足などは高いレベルで照射していいですが、デリケートゾーンのように肌が弱い箇所はレベルを低くするのがお勧めです。

嬉しかった口コミ

サロンに行くのもローン組むのも怖いし、やっぱり安いのでこれ使ってみました。光が強いなって思いましたけど、痛みはないのでずっと使えてます。(23歳)
サロンのコースプランにしたら交通費だけで1万円超えるので脱毛器にしました。アンダーだけで使っているのでカートリッジ買う必要もないかな。(27歳)
サロンでやってもらうより自分でやった方が痛くないってなんか変ですねw(31歳)
光が強いのでサングラス必須です。慣れれば使いやすいですが、最初は手や足で練習した方が良いですよ~。(35歳)

コスビューティーのIPL脱毛器はここがガッカリ…

「コスビューティーは凄く安いけど、それってつまり高いのと比べて劣ってる部分があるってことだよね?」

はい、確かにそうです。ケノンのような高い脱毛器に比べるとカートリッジの減りが早いとよく言われています。

たとえばケノンは一番弱いレベル1で16万回のフラッシュ照射ができるのに比べて、コスビューティーは2万回なので、ハッキリ言って燃費は悪いです。

コスビューティーが本体2万でカートリッジ1個5千円、ケノンが本体7万、カートリッジ1個が7千~1万程度なので、安いぶん使える回数が少ないのは仕方ないと思います。

確かに長い目で見ればケノンの方が1回ごとのコストが安いですが、脱毛器具に7万8万使うのなら脱毛サロンに行ってもいいという方もいるので、高ければいいという訳でもありません。

特にアンダーヘアの脱毛に限って使うならコスビューティーの照射回数で十分な場合が多いです。

残念だった、その他の口コミ

他と比べると2万回は少ないんですね。あと、コンセントが抜けやすいです…。(22歳)
全身脱毛をやりきるまで2回カートリッジを買いました。最初に買っておけばよかったです。(27歳)
カートリッジを何回か買い足して、結局最初の倍くらいの値段に(泣)でも、これでもケノン1個買うより安いんですよねー…(25歳)
コスビューティーはレベル5まで、ケノンはレベル10まで調整できます。けど10段階もあっても差がよく分からないから、大雑把でも5段階調整の方がいいかも。(32歳)

脱毛器を選ぶメリット

脱毛器を使う理由は人それぞれですが、私はやっぱりサロンに行かなくて済むのが一番の理由です。

お店の名前は伏せますけど、前にお試しで行ってみた脱毛サロンの仕切りがカーテンだけで、隣で施術している人の声や音が聞こえてきました。

そんな所じゃカウンセリングで悩みを打ち明けることもできませんし、高いコースの勧誘までされそうになったので、結局契約せずに帰ったことがあったのです。

エステティシャンの方も客引きのノルマがあって大変だとは思うんですけど、そういうのに付き合わされても体がもちません。

その点、脱毛器を使ったセルフ処理なら必要最低限の出費で済みますし、2万程度で済むコスビューティー脱毛器はすごくオトクだと思います。

もっとも、アフターケア用の保湿液やクリームも自前で用意する必要がありますが、そこは自分好みのものを探すのも結構楽しいですよ。

コスビューティーIPL脱毛器のまとめ

コスビューティーIPL脱毛器は安くて使いやすいのがポイントです。

カートリッジの使用回数は高い脱毛器に比べて落ちますが、アンダーヘアのみの処理ならこれで十分な場合が多いです。

使用回数が多すぎるものを持て余すより、最低限の回数だけで十分というならコスビューティー一択ですね。

実際、7万8万する高い脱毛器を買わなくても、少ない出費で済んだと使い続けている方も沢山いますよ。

コスビューティーIPL脱毛器をおトクに購入する!

関連記事