アンダーヘアを脱毛器で処理する方法

   

脱毛器

アンダーヘアの脱毛をしたいけど、エステや医療機関で人に見られるのは恥ずかしいですよね。。。

できることなら一人でひっそりと脱毛したいな。と考えてる女性もいるのではないでしょうか?

そんな時に便利な物が家庭用脱毛器です。

家庭用脱毛器なら一人の時に家で誰にも見られずに自己処理することができますね。

家庭用脱毛器はサロンなどと同じフラッシュ脱毛と呼ばれる手法で、毛の黒い色素に光を当てて毛乳頭のみにダメージを与え、毛を薄く生えにくくしていきます。

脱毛器を使っているとアンダーヘアが抜け落ちるというイメージを持つといいかもしれませんね。

脱毛器は1回や2回で効果が出るものではないので計画的に使用する必要があります。

ここでは脱毛器の種類、自己処理の方法、自己処理後にやるべきことを説明していきます。

脱毛器ってどんな種類があるの?

脱毛器には2種類ありレーザー脱毛・フラッシュ脱毛と呼ばれるているものです。

レーザー脱毛は医療機関で受けることができる脱毛方法で、非常にパワーが強いです。

レーザー脱毛は永久脱毛に期待できますが、パワーが強い分痛みを伴いますので、痛いのは嫌だ!という方へはおすすめできません。

フラッシュ脱毛はエステサロンなどで多く用いられている脱毛方法で、1回に光を当てる面積が広いので、短時間での処理が可能です。

フラッシュ脱毛はレーザー脱毛に比べると痛みはかなり少なく脱毛することができます。

家庭用脱毛器はフラッシュ脱毛と同じ仕組みで脱毛できるため、痛みも少なく手軽に脱毛できますね。

脱毛器はどうやって使うの?

vio脱毛で多くの家庭用脱毛器は、iラインとoラインの脱毛を推奨していません。

iラインとoラインは粘膜のある場所に近いため、自分でやると粘膜を傷付けてしまう可能性があるからです。

製品によってはiラインとoラインを自分で処理するなら自己責任で!ということが記載されているのでご注意ください。

またiラインとoラインは他の部位よりも色素が沈着して皮膚が黒くなっている可能性があり、フラッシュ脱毛器は黒い部分に反応しやすいため、照射するといつもより痛みが出てしまう可能性があります。

痛みには個人差があり、口コミをみると自己責任で照射レベルを低く調節しながらiラインとoラインも自己処理している方は多いようですね。

しかしデリケートな場所なのでどんなトラブルが起こるかわかりません。

ここでは推奨されているvライン脱毛のみ説明していきます。

脱毛器を使う前にやるべきことはまず、照射を行う前に保冷剤や冷タオルなどで照射する部分をよく冷やすことです。

そうすることで、肌の負担を和らげ肌が弱い方でも使用することができますし、痛みを軽減させることができます。

また、照射する箇所のアンダーヘアをカミソリやシェーバーで短くカットすることが大切です。

家庭用脱毛器は毛の黒い色素に反応するため、全部剃るのではなくある程度黒い毛を残しておく必要があります。

1ミリから2ミリ程度残しておくと良いでしょう。

毛抜きなどでアンダーヘアを抜いてしまうと黒い部分がなくなり、脱毛の効果が期待できなくなるので注意してくださいね。

vラインの処理方法ですが、初めは照射レベルを低めに設定して、自分にあった痛みの少ない照射レベルを調べてみてください。

慣れてくるとレベルを上げたり、剛毛な毛にはワンショットで試し打ちすると効果も出やすいです。

ワンショットとは、脱毛器で1度だけ照射することです。

2週間程度あけてから2回目の照射を行います。

この時点ではまだアンダーヘアは生えてきてるし、つるつるになる心配もありません。

3回目くらいから毛質が柔らかくなってくるので、形を整えていくように上の箇所と両端だけに照射していきます。

すぐに毛は無くならないけど、続けていれば確実に効果は出てきます。

脱毛器の自己処理後にすること

自己処理後は処理した箇所を冷やすことと保湿を行うのが大事です。

保冷材などを使ってしっかり肌を冷やしてください。

肌を冷やすことにより、肌の乾燥を防ぐことができ、毛穴なども開きにくくなるので衛生的でおすすめです。

保湿には普段使っているボディーローションでもいいですが、乾燥しやすい方は保湿力の高いローションなどを用意しておくのもいいでしょう。

冷却と保湿は処理後の大切なケアなので必ず忘れずに行ってくださいね。

まとめ

自宅で恥ずかしい思いをしなくても、アンダーヘアの脱毛をすることができるんですね。

エステサロンに通うのは恥ずかしい!面倒だ!という方は家庭用脱毛器を使ってみてはいかがでしょうか。

永久脱毛はできませんが、脱毛器での自己処理を続けていればアンダーヘアが薄くなって柔らかくなることが実感できますよ!

家庭用脱毛器は費用が高めなので手を出しにくいかもしれませんが、試してみるのもいいですね。

関連記事