VIOラインのアンダーヘアはヒートカッターで全部処理していい?

   

当サイトとしてアンダーヘアの処理に一番オススメしているのは何といってもヒートカッターですが、熱でアンダーヘアを焼き切るので、それが怖くて使えないという方は多いです。

しかしデリケートゾーンに触れず、アンダーヘアのみを直接処理するという意味では一番安全な方法と言えます。

  • カミソリの剃り跡がかゆい、カミソリ負けといった肌トラブルがない
  • 毛先を丸められるので肌にこすれてもかゆくない
  • 毛先の長さを揃えられるので見た目がきれいになる

ぱっと思いつく範囲でもこれだけのメリットがあるので、正直言って使わない手はないと思います。

しかし、アンダーヘアのようにVIOラインを全部ヒートカッターで処理出来るかというと難しいです。

今回はヒートカッターの部位ごとの使い方や注意すべき点をまとめてみました。

Vライン

Vラインのアンダーヘア処理

ヒートカッターが一番活躍できるのがVラインですね。

というか、ビキニラインからはみ出てしまうアンダーヘアを短くするのがヒートカッターの主な仕事です。

実際に「Vライントリマー」というヒートカッターも発売されていますし、性器や肛門といったデリケートな部分に一番遠いのも安心して使えるポイントです。

ヒートカッター初心者の方はまずVラインを切りそろえるところから始めてみましょう。

ただ、ヒートカッターはあくまで毛を短く切るためだけのものなので、処理跡をつるつるにすることはできません。

いくらヒートカッターがコーム(クシの部分)で肌を守っているといっても、あんまり近づけすぎると肌に高熱を当ててしまうことになります。

処理跡は残り1センチ程度が限界なので、ヒートカッターは「ヘア処理はしたいけど無毛にするのは嫌」という方向けです。

結論:Vラインの処理はヒートカッターが楽

Iライン

Iラインのヒートカッター処理

Iラインはデリケートゾーンと性器の周りなのでVラインより処理が難しいです。

目で直接確認しながらだと姿勢が悪くなりそうだし、鏡で見ながらすると左右がこんがらがって、、と非常にハードルが高い箇所。

ハサミで切り揃えたつもりでも結局ハリネズミのような毛先になってしまいますし、性器に近い部分に高熱のヒートカッターを近づけるのは勇気がいります。

Iラインの処理は専用の電動シェーバーが色々発売されていますし、ただ短くするだけならヒートカッターよりシェーバーの方が処理しやすいです。

ちなみにIラインの毛が短かったり、脱毛しているとデリケートゾーンの臭いが薄くなります。

アンダーヘアが蒸れて臭くなるのが悩みの方は思い切って多めに処理してみるのもいいかもしれません。

結論:Iラインはヒートカッターよりシェーバーがおすすめ

Oライン

Oラインのアンダーヘア処理

おしりの毛、いわゆる「けつ毛」を気にされている女性は「こんなに毛が濃いのって私だけ?」と思いがちですが、実はけつ毛が生えている方は女性全体の40%もいると言われています。

ただ正直言って、自己処理はあまりお勧めできません。

非常にデリケートかつ入り組んだ場所、しかも自分の目で見えないというのは非常に難易度が高いです。

一度のふとしたミスで黒ずみが出来たり、カミソリや脱毛クリームが粘膜に入ってしまうと非常に危ないです。

もし自分で処理する場合は、やはりヒートカッターで毛先を整える程度にしておきましょう。

まずお風呂に入ったり、蒸しタオルを使うなどしてけつ毛を柔らかくするとやりやすくなります。

毛が長すぎると思ったら、あらかじめハサミである程度カットしてからヒートカッターを使ったほうが処理しやすいですよ。

Oライン専用のヒートカッターやシェーバーはなかなかないので、Vライン用かIライン用の物をそのまま使うことになる場合が多いですが、どちらでOラインを処理するかは人によると思います。

ただ、単にハサミやカミソリで処理するだけというならいっそサロンやクリニックで脱毛してもらった方が良いです。お店によっては事前処理のシェービングからやってくれるところもあります。

きちんと処理できた方は皆さん「満足感がある」、「彼氏にお尻を見られても恥ずかしくない」、と仰ってますよ。

結論:Oラインはヒートカッターで処理できるが難しい

まとめ

ヒートカッターはアンダーヘアの処理道具としてとても優秀ですが、それでもIラインやOラインを処理するのは難しいです。

特にOラインはよっぽど器用な方でないと満足いく長さに揃えるのは困難です。よっぽど気にしている方でない限りそのままにしておくか、専門家の方に脱毛してもらうのが良いでしょう。

実際、アンダーヘアの処理初心者の方向けに販売されている「アンダーヘアケアはじめてセット」も「まずはVライン処理から始めてみましょう」という作りになっています。

これからヒートカッターを使うという方は、まずはVラインから切ってみて、慣れて来たらIラインも試してみると良いでしょう。

関連記事