アンダーヘアを線香で処理!?キレイに出来るの?

   

線香

肌を傷つけずにアンダーヘアだけを処理する場合、ヒートカッターを使うのが有効です。

また、それと同じ原理で線香を使ってアンダーヘアを焼き切ることもできます。

実は江戸時代の頃から女性はムダ毛処理をしてきましたし、今でもこうして処理している方もいます。

しかし、この方法には大きな落とし穴があるのです・・・。

ちゃんと処理出来るの?

線香を使って処理するメリットというのは、アンダーヘアの毛先を線香の火で焼き切る事で鋭利にならず丸くなるという事です。

毛先が丸くなる事で下着からの突き出しやチクチク感を軽減する事が出来ますよね。

実際のやり方は、最初からいきなり線香を使うのではなくハサミなどで自分の希望の長さまで短くした後に線香で毛先を整える(丸くする)というやり方です。

しかし、アンダーヘアが剛毛な方は焼き切る時に線香の火が消えてしまうという場合もあるようですし、毛が焼ける時にニオイが臭いというデメリットもあります。

線香での処理の安全性は?

線香でアンダーヘアを焼き切るのははっきり言って危険です。

いくら線香と言っても直接火をアンダーヘアに焼き付けるわけですから火傷の恐れがあります。

線香の先からこぼれた灰が性器やデリケートゾーンに落ちるのはかなり危ないです。

線香でアンダーヘアを焼き切るのは安上がりなだけで、一本一本を焼く手間やリスクを考えると割に合っているとは言えません。

それに対し、ヒートカッターは1回で10本程度の毛をまとめて焼き切ることができますし、先端のクシの部分しか発熱しないので安全です。

はじめてヒートカッターを使う人用のVライントリマー

アンダーヘアの長さを整える場合はVライン、Iラインの毛を何十本も切り揃える必要があるので、少しでも早く、安全な方法を取った方が良いでしょう。

処理する毛の量が多いとカミソリでごっそり剃りたくなりますが、それはそれで肌を傷つけてしまうので、かゆみや黒ずみの原因になってしまいます。

時間と若干の出費はかかってもアンダーヘアを確実にお手入れするのなら、ヒートカッターを使うのがお勧めです。

まとめ

アンダーヘアを線香で処理するのは手間とリスクが高すぎるため、ハッキリ言って割に合いません。

同じようにアンダーヘアを焼き切るのならヒートカッターの方が安全で確実なので、1本用意して2~3週間おきに処理するのがお勧めです。

ヒートカッターをこれから使い始める方の場合は、まずVラインの毛が下着からはみ出さないように切り揃えてみましょう。

そこで初心者の方向けのヒートカッターを選ぶとしたら、トリートメントがセットになった「アンダーヘアケアはじめてセット」ですね。

アンダーヘアの処理初心者の方のためにVラインの処理に特化したVライントリマーと、くせっ毛のさらさら化と消臭をしてくれるトリートメントがセットになっているので、誰が使っても綺麗な仕上がりに出来ます。

下のピンク色のボタンをクリック(スマホでご覧頂いている方はタップ)されると、詳しい情報を調べることができますので、ぜひご覧ください。、

「アンダーヘアケアはじめてセット」について詳しく調べる!

「アンダーヘアケアはじめてセット」をおトクに購入する!

関連記事