毛のはみ出し、縮れ、突き出しはトリートメントで解決できる!

   

ボサボサな毛

アンダーヘア用のトリートメントって何?

アンダーヘア用のトリートメントは髪用のものと同じで、毛質を柔らかく整えてくれます。

しかもデリケートゾーンの肌を気付付けないよう低刺激のつくりで、美容成分、保湿成分も配合される傾向にあります。

たとえば、「シークレットレディ さらふわ」を例にして説明しましょう。


シークレットレディ さらふわ

このトリートメントの場合は髪の毛と同じトリートメント成分を配合して馴染みやすくしており、保湿成分(ライスオイル、シアバターなど)や消臭成分(シソ、茶葉、黄金花など)によってデリケートゾーンのケアもできるようになっています。

また、「さらふわ」をはじめとしたアンダーヘア用のトリートメントは髪を保護・修復してくれる成分としてシリコンを配合しているものが多いです。

シリコンは熱に強く、髪のキューティクルを保護する髪のコーティング効果を持ちながらも、肌に影響を与えない成分です。

シリコンは体に悪いと言われがちですが実際は極めて安全な成分で、肌に吸着したり毛穴を塞ぐといった悪いウワサは全部デマです。

なぜシリコンが悪者にされがちなのかというと、シリコンが髪をコーティングする働きがヘアカラーやパーマといったケミカル処理をはねのけてしまうのが大きいです。

そのためシリコンインシャンプーを快く思わない業種の方もいるので、シリコンインの評判を下げてノンシリコンを推す必要がありました。

もっとも、シャンプーは髪質や用途によってシリコンイン、ノンシリコンを使い分ける必要がありますけど、少なくともアンダーヘアをノンシリコンで整える必要はありません。

「さらふわ」についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

アンダーヘアのごわつきの原因は?

アンダーヘアのチリチリとしたくせっ毛に悩んでいる女性は多いですが、これはみんなそうなので安心してください。

性器を衝撃から守るためのクッションや、細菌が入ったり温度調節をするためにアンダーヘアはあんなにも濃く、硬くなっています。

ただ、下着や水着からはみ出して恥ずかしい、蒸れて痒いというデメリットもあるので、良いことばかりじゃありませんよね。

そういったトラブルに対応しているのがまさにアンダーヘア用のトリートメントで、保湿して痒みを軽減する、毛質を柔らかくしてはみ出しにくくするという解決策になっています。

全処理してもトリートメントは必要?

アンダーヘアをハイジーナ脱毛し、つるつるにしたら毛のごわごわや蒸れがなくなります。

水着からはみ出す心配もなくなりますし、夏に備えて脱毛サロンに行った、もしくはワックス処理した方もいるでしょう。

確かに全処理すればアンダーヘア用のトリートメントも不要と言えば不要ですが、あればデリケートゾーンの保湿や消臭ができます。

もっとも、それだけならデリケートゾーンの石鹸のほうが特化しているので、そちらを使っても良いです。

ただ、全処理すると温泉や銭湯に行くときに視線が気になる、遊んでいるように見えるという恥ずかしさもあります。

それにトリートメントでアンダーヘアを柔らかくすれば毛質のクセがなくなって水着に収まりやすくなるので、「はみ出したくないけどツルツルも嫌」という方にお勧めです。

まとめ

身だしなみのためにアンダーヘアを脱毛するか、それともある程度残しておくかは人それぞれです。

剃った後がかゆくなるから出来るだけ処理したくないという人も多いと思います。

理由はどうであれ、アンダーヘアの悩みに細かく対応してくれるのがトリートメントなので、どのブランドのものでもいいので1本持っておくことをお勧めします。

関連記事