アンダーヘアにフケがついててかゆい!その正体は…

   

頭を抱えて悩んでいる女性

恥ずかしい話だけど、アンダーヘアにフケが湧いてる、かゆくて掻くと白い粉みたいなのが出てくる。。。

こんな経験ありませんか?

フケが湧いてかゆみが凄い…洗っても洗ってもフケが収まらない!と悩んでいる女性もいます。

デリケートな悩みなので恥ずかしいし相談出来ないし…という方に読んでもらいたいです。

そのフケ、もしかしたら毛じらみかもしれません。

毛じらみとは人間の陰毛に寄生する1mmから2mm程度の小さな吸血性の昆虫です。

毛じらみという虫の名前がそのまま病名になっています。

ここではアンダーヘアのフケや毛じらみの原因や症状、対策を説明していきます。

フケができる原因

フケの正体はまだ血を吸っていない毛じらみで、血を吸っていない状態のときは白く、フケのように見えます。

フケが出てかゆみがある!という時は毛じらみになっている可能性が高く、毛じらみは感染によって湧きます。

主な感染経路は性行為で、公共の浴場などで感染することもありますが、その他に家族から感染する場合もあり、タオルなどの使い回しにより親子でも感染します。

しかし毛じらみは人間の身体から離れると、48時間程しか生存できず、1日に約10センチ程しか移動できないため、直接的な感染がほとんどです。

性行為によってアンダーヘアどうしが直接接触し、感染することが多いと言われていて、まれではありますが、肛門周囲の毛、わき毛、胸毛、太ももの毛などに寄生することもあります。

いつもアンダーヘアを清潔にしていても、他から感染してしまうので、自分ではどうしようもないですね。

パートナーも毛じらみになっていないか、よくチェックするようにしてください。

フケが湧くとどういう症状がでるの?

毛じらみの成虫は毛にしがみ付いて血を吸い、刺された部分に激しいかゆみが起きます。

しかしかゆみには個人差があり、あまりかゆみを訴えない方もいるため、感染に気付かないままパートナーとのセックスにより感染を拡大してしまう事があるようです。

毛じらみは人の血を吸い、人の血を栄養に大きくなり、脱皮を繰り返し成長して、産卵し毛の根元に卵を産み付けます。

産卵されたら駆除するのがなかなか難しくて厄介ですね。

また、他の疾病と違って皮膚に湿疹が出ないのも特徴なのでフケが見つかった方はチェックしてみてください。

フケの治療方法、予防方法は??

治療方法としてはアンダーヘアを剃ることで、毛じらみの繁殖環境を無くしてしまう事が有効です!

どうしてもアンダーヘアが剃れない!という環境の場合は目の細かいくしで丁寧にすくことで毛じらみを取り除くこともできますが、成虫は除去できても卵は除去できません。

専用の薬用シャンプーなどもありますので、それを使って全滅させる方が良いでしょう。

もし、シャンプーが使用できない場合はパウダーを使用しての治療する方法もあります。

パウダータイプは直接散布するタイプで、3日に1回を2週間ほどかけて4回から5回続けると退治することができるので、そちらを使って治療することもできます。

予防方法は感染後1ヶ月から2ヶ月後に症状が出ることが多いため、1ヶ月から2ヶ月前に性交渉のあったパートナーの検査も必要です。

ちなみに毛じらみはコンドームでは予防できません。

アンダーヘアのぶつかり合いで感染するので当然ですね。

予防するためには不特定多数の人との性行為を避ける事も大切です。

またタオルなど共有して使っている物は頻繁に洗濯して清潔に保つことで、タオルを使った間接的な感染を抑えることができるので注意してみてください。

感染元を治療するのが一番の予防方法ですね。

まとめ

フケのように見える毛じらみは発見さえしてしまえばそれほど治療の難しい病気ではありません。

市販の薬やアンダーヘアを剃ることで個人でも駆除できます。

しかし毛じらみだけではなく違和感を感じたら何かしらの疾病の可能性があります。

その場合は病院に行って診断を受けるとよいでしょう。

関連記事