アンダーヘアの脱色は危険!脱色を考えてる方へ

   

手にクリームを乗せている写真

アンダーヘアを処理する方法として、脱色を選ぶ人も少なからずいると思います。

髪や腕の毛、スネ毛なら脱色している方も多いですが、アンダーヘアの脱色って聞いた事が無い・・・そんな方が多いと思います。

市販されている脱色剤を使えば、たしかに色を抜くことができますが。
ここではアンダーヘアの脱色について紹介していきます。

アンダーヘアの脱色のメリット

アンダーヘアを脱色したらどんないい事があるのかというと、アンダーヘアの色を抜くことで薄くできて目立たなくするという効果が得られます。

少々水着や下着から少しはみ出すくらいでは気付かれにくいですよね。
アンダーヘアの脱色をする場合、カミソリを使ったシェービングをしないので、肌が痛まずカミソリ傷やニキビのような色素沈着の原因を少なく処置できます。

また光脱毛よりもコストをかけずに行うことができ、本格的な脱毛に向けての繋ぎとしてのムダ毛の処置には向いているかもしれません。

1度脱色するとそのアンダーヘアに色が戻ることがないので、効果は長く続くでしょう。

オシャレでアンダーヘアを金髪にすることが目的なら、vラインだけを脱色剤で金髪にすることもできるでしょう。

アンダーヘアの脱色のデメリット

アンダーヘアの脱色は脱毛ではありません。

なので触れば当然、そこには毛がありますし、光の当たり具合によっては黒よりも目立つことになってしまいます。

黒いストッキングなどを履くと、アンダーヘアが透けて見えるので、それも目立ってしまいますね。

脱色は永久に続くものではなく、新しく生えてくるアンダーヘアは当然元の色です。

なので、脱色していた人も結局脱毛に切り替える方が多いようです。

さらにアンダーヘアという場所だけあって、刺激の強い脱色剤を使うのは非常に危険とされています。

肌が敏感な方はかぶれたり、そうでない方も脱色剤を使ってはいけない性器にかかるのは絶対に避けなくてはいけません。

脱色の時の注意点

どうしても剃ったり抜いたりの脱毛が嫌だ!という方もいると思います。

それで脱色の道を選んだ方へ注意点を説明しておきます。

アンダーヘアと言ってもvioラインの各部位があると思いますが、かろうじてvラインの脱色はできるとしても、vライン自体がとてもデリケートな部位であるため、脱色する時は非常に注意しながら行わなければなりません。

また残りのiラインとoラインですが、この2つの部位は絶対に脱色をしてはいけません。

iラインとoラインはvライン以上にデリケートな部位なので、脱色剤での刺激は強すぎます。

この2つの部位に使ってしまうと肌トラブルを起こしてしまう可能性が非常に高いのでやめましょう。

実際に脱色した方の話では、vライン周りのアンダーヘアに脱色剤を使用した場合もその刺激はかなり強く、ピリピリしたという事です。

さらにアンダーヘアの毛の太さはとても太いため、脱色剤が効果を出すまでに長時間かかってしまいます。

長時間薬品を付けた状態にしなければならないので、ますます肌へダメージを与えてしまう事になりますね。

一番の注意点はvラインの脱色中に脱色剤が性器に垂れて流れていかないように注意深くしておきましょう。

もし触れれば、かぶれたり炎症を起こしたりするかもしれません。

デリケートな部位なので注意することがたくさんありますね。

それだけアンダーヘアの脱色はリスクが高いということを覚えておいてください。

まとめ

ここまでメリット、デメリットを説明してきましたが、私としてはvラインなどアンダーヘアの脱色についてはちょっと危険すぎるのであまりおすすめはしません。

どうしても脱色で終わらせたい方は細心の注意を払って行ってください。

本当に処理を考えるならやはり脱毛をおすすめします。

関連記事