デリケートゾーンにできもの??毛嚢炎とは

   

悩んでいる女性

アンダーヘアを自己処理したあと、アンダーヘアの下側、デリケートゾーンにニキビみたいなできものを見つけたことはありませんか?

しかもそのデリケートゾーンにできたできもの、痛かったりかゆかったりするんです。

もしかしたらそれは毛嚢炎(もうのうえん)かもしれません。

毛包炎とも呼ばれています。

毛嚢炎とはいったい何なのか、どうすれば対処できるのかを説明していきます。

毛嚢炎とは何か

毛嚢炎は毛穴にブトウ球菌などのバイ菌が入ってできるできものです。

見た目はニキビにそっくりで、真ん中に白い膿が溜っているのが特徴です。

痛い場合が多く、デリケートゾーンにたくさんできる場合があります。

下着によって擦れたり、ゴムの部分が当たることや、アンダーヘアの処理によってデリケートゾーンにダメージを与えてしまうことで起こるケースが多く、下着の摩擦を受けるとすぐに潰れてしまいます。

毛嚢炎を発症してしまうタイミングとして、「毛穴が傷ついてしまった時」が多いようです。

これは脱毛時にできやすく、小さな傷であっても「ブドウ球菌」や「緑膿菌」といった雑菌が侵入すると発症につながってしまいます。

また、デリケートゾーンが湿っている時にも発症しやすいそうです。

具体的には「汗をかいている時」「妊娠中」もできものができやすいと言われています。

自然に治るものが多いですが、何度もできる場合は他の病気の可能性もあります。

毛嚢炎になるとどんな症状が出るの?

毛嚢炎になるとどのような症状が出るのか説明していきます。

かゆみや痛み

毛嚢炎の主な症状は、かゆみや痛みです。

炎症や痛みが起こる原因としては、デリケートゾーンの傷口などにブドウ球菌や緑膿菌が侵入したことによって起こる「防御反応」だと考えられます。

赤いぶつぶつができる

デリケートゾーンの毛嚢炎の症状は、主に「ニキビに似ている赤いぶつぶつ」ができるのが一般的です。

場合によっては膿を含んだ湿疹のようなできものが出来てしまう事もあると言われています。

しこりがある

デリケートゾーンの毛嚢炎の患部の特徴は、赤いブツブツであるほかに、やや硬い「しこりがある」ということです。

これは炎症が根の深い部分にまで生じている場合には、軽い痛みを感じることもあるのだそうです。

毛嚢炎の対処法

ここまで毛嚢炎の原因や症状を説明してきましたが、できものが出来てしまうと下着が擦れると痛みが走ったり、セックスをするときにパートナーに不潔と思われるかもしれませんよね。

ここでは毛嚢炎になった時の対処法をいくつか紹介していきます

こまめにシャワーを浴びる

毛嚢炎になってしまった場合、デリケートゾーンを清潔にすることで、できものの症状の進行を抑えることが大切になります。

シャワーを浴びる事で汗や毛嚢炎の原因菌を洗い流し、清潔な状態を保つことができますので、頻度としては朝夜2回浴びるとよいでしょう。

デリケートゾーン専用の石鹸で洗う

毛嚢炎への対処法として身体を洗う時に、デリケートゾーン専用の石鹸を使う事もあげられます。

理由としては、通常の洗浄力の高い石鹸を使う事は毛嚢炎の症状をより一層刺激してしまう可能性があるのです。

刺激の弱いデリケートゾーン専用の石鹸を是非用意してください。

下着をこまめに取り換える

こまめに下着を取り替えることでデリケートゾーンを清潔に保つことができます。

また、下着のタイプとしては「通気性の良い物」を使用すると治療に効果的でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

デリケートゾーンのできものって気になってしまいますよね。

ニキビなのか、毛嚢炎なのか見た目も似ていて分かりにくい病気です。

毛嚢炎だったとしたら、このページに書いてあることに注意して早めに治すようにしてみてくださいね。

アンダーヘアの脱毛後のアフターケアを怠ったりすると出来やすいので、注意してください。

関連記事