原因は肌に!?埋没毛の処理の仕方を教えて

   

毛の説明をする図

埋没毛をご存知ですか?

埋没毛は埋もれ毛とも呼ばれ肌に毛が埋もれてしまう事を言います。

肌の中で毛が成長してしまうので抜く事も出来ませんしカミソリ等で剃る事も出来ません。その為肌に黒いブツブツがある様に見えてしまうんですね。

アンダーヘアーも間違った脱毛の仕方をしてしまうと埋没毛の原因になってしまいますしせっかく処理したのに汚く見えてしまう原因になってしまいます。
そこでアンダーヘアーの埋没毛にお悩みのあなたに埋没毛の原因と治し方を解説したいと思います。

埋没毛の原因は?

埋没毛の原因の多くは間違った脱毛方法にあります。

アンダーヘアーを処理する際にカミソリ等であまりにも深くカットしてしまったり、毛並みとは反対に逆剃りしたりすると埋没毛になりやすくなってしまいます。

共通しているのはどちらも肌への負担が大きい事と深くカットしたせいで毛が成長する際に上手く毛が肌の外へ出てこれなくなるということです。

主に、脱毛による乾燥や肌荒れによるダメージによって角質が分厚くなってしまうことが多くの原因で、ダメージをもった肌はこれ以上ダメージを大きくしないようにターンオーバーを遅くしてどんどん古い角質をためこんで肌を分厚くしていきます

これにより新しく育ってきた毛が表に出てくることが出来ずに皮膚の下で成長してしまうため、埋没毛になってしまうんです。

アンダーヘアーを処理する際は毛根付近まで処理せずに、あくまでも形を整えたり長さを調節する程度の方が埋没毛の予防になります。

埋没毛の治し方

埋没毛ができてしまった際に針やピンセット等で引っ張り出すという方法は絶対に止めて下さいね。

肌が傷つくのはもちろんの事その傷ついた肌が新しい皮膚を作る為に形成されて再び埋没毛の原因になってしまうからです。

必ず正しい治し方で実践しましょう。

埋没毛の原因は上記で説明しました通り肌に原因があります。肌に埋もれた毛を自然に外に出してあげる必要があるので肌をたっぷりと保湿してあげる事が近道です。

埋没毛になった方なら分かると思いますが埋もれた毛ばかりが気になって肌のケアを忘れがちになってる方も多いと思います。意外と思いますが肌のケアが大切なんですね。

女性の方なら必ず持っている化粧水や保湿クリーム。これで埋没毛を改善に近づける事が出来ます。

アンダーヘアーの埋没毛の箇所をたっぷりと保湿してあげる事で肌が柔らかくなり、肌のターンオーバーが促進されます。

ターンオーバーは古い角質や皮膚を新しくする働きがありますので、肌に埋もれた毛を外に押し出そうとしてくれるんですね。その結果埋もれた毛を処理しやすくなります。

肌のターンオーバーには時間がかかりますが気長に正しい保湿をしてあげる事が大切です。

まとめ

いかがでしょうか?

女性にとって脱毛というのは悩みの一つですが、自宅にあるもので簡単に埋没毛をケアする事が出来ます。

もちろん脱毛サロンに通っても肌への負担が少ない処理も行ってくれますのでサロンに通うのもオススメですが、それでも肌への負担をゼロにすることはできませんのでご注意ください。

アンダーヘアーは普段は見えない箇所ですが、せっかく処理をするならキレイにしたいですもんね。

埋没毛になった時はもちろんですが、普段からデリケートゾーンのケアをして、きれいなアンダーヘアでいられるように心がけましょう!

関連記事