なぜアンダーヘアーがかゆくなるの?

   

頭を抱えている女性の写真

デリケートゾーンは全身のお肌の中で最も皮膚が薄い場所です。

その為、外部からの刺激やストレスに敏感。日々、清潔に保つことが大切です。

特にアンダーヘア部分の皮膚は普段毛に覆われている分、汗や下着のムレからくる雑菌が毛に付着してかゆみを引き起こす事もあります。

そこで、アンダーヘアが痒くなる原因や予防法を解説していきたいと思います。

原因

アンダーヘアーのかゆみの原因として考えられるのが主に3つあります。

1. 生理による蒸れ、経血

生理中は、ナプキンによるかぶれ、汗による蒸れなどが発生しやすいです。

また、アンダーヘアーに経血や尿が付着することでより雑菌が発生しやすくなり、かゆくなります。

2. 下着による締め付け

キツい下着を履いていることで、デリケートゾーンが蒸れやすくなります。

女性のサポートタイプの下着はスタイルをよく見せるために締め付けが通常の下着よりもキツめに作られています。

例えば、美尻に見せてくれる下着など。

3. 免疫力の低下

体調が悪いときや疲れがたまっている時などは、身体の免疫効果もダウンします。

そうすると普段は平気な菌(カンジタ菌)でも、それが原因となって、デリケートな部分にかゆみや湿疹などが起こりやすくなります。

また、病気のときや妊娠中、抗生物質を服用中の場合も、身体の免疫力が低下していることにより、アンダーヘア周りのデリケートゾーンがかゆいと感じやすくなります。

上記の時は性病にもより気をつけましょう。

予防法

脱毛する

毛が少なければ、蒸れる心配はありません。

清潔に保つ

生理中はナプキンをこまめに替えたり、デリケートゾーンをいつもより清潔に保ちましょう。

デリケートゾーン専用石鹸の「ジャムウソープ」を使うのもアリです。

通気性が良く、自分の肌に合った下着を選ぶ

通気性の良さなら、綿の下着です。

肌に優しい下着なら、絹(シルク)の下着です。

ただ、下着の素材が自分の肌に合わず被れてしまうとこともあります。

自分の肌に合った素材を選ぶのが一番いいでしょう。

また、ピッタリとしたジーンズやパンツを履くと衣類と密着した状態になるので蒸れが発生しやすくなります。

毎回ズボンではなく、たまには、スカートなど通気性のいいものに変えるのも一つの手です。

休息を取る

免疫力が低下している場合は、身体を休めて免疫力を回復させましょう。

まとめ

アンダーヘアーのかゆみは原因や対処法は様々です。

どんな場合でも、おかしいなと思ったり長引く時はすぐに病院に行って診察を受けましょう。

関連記事