VIO脱毛の痛みってどのぐらいなの?痛みを軽減する方法は?

   

びっくりする女性
vio脱毛に興味を持っている人なら聞いた事があるかもしれません。vio脱毛は痛みがあるって・・。

vio脱毛経験者の口コミを見ても、

「泣くほど痛い・・」

「光よりもレーザーの方が痛かった」

「ワキよりも数倍痛い」

などたくさんの悲痛の口コミを目にしますよね。

しかしそんな痛みがあることを分かっておきながらもvio脱毛をする女性がたくさんいるのも事実です。

それほどvio脱毛の効果は高く、キレイに出来るという魅力があるんですね。

そこでそんなvio脱毛の、痛みがどのぐらいなのか?痛みを軽減する方法は何か?をお教えしたいと思います。

vio脱毛の痛みの度合いは?

良く脱毛業界では痛みを「輪ゴムでパチンと弾いたぐらい」と表現する事が多いですが、vio脱毛はこの輪ゴム+αの痛さがあります。

これはvio付近の皮膚というのは、ワキや腕、脚に比べて薄く、膣という粘膜が近くにあるため痛さが伝わりやすいからなんです。

また主に光やレーザー脱毛での施術のため、毛根を破壊する時の痛みがあります。

痛みの度合いとしましては、

「ウッと声が出てしまう」

「レーザーを当てるたびにじっとしていられない」

など、相当な痛みがあるようです。

これからvio脱毛をする方はこのことを頭に入れてからサロンに向かったほうが良さそうですね。

VIOの中で一番痛みが強いのは?

VIO脱毛は痛い!と書いてきましたが、VIOの中でもどの部位が一番痛みが強いのでしょうか?

脱毛クリニックのサイトで口コミや体験談を見てみるとIライン、Oラインの痛みは個人差があるものの、Vラインに関しては施術者のほとんどの人が「痛い」という風に書いてありました。

もちろん毛の量や太さなどでも差はあると思いますが、体の仕組み上VIOの中でVラインの毛が一番剛毛だからと考えられます。

通常レーザー脱毛の際、毛が太い箇所ほどレーザーの照射の出力を高くして脱毛をおこなっていくのでその分痛みも強くなってしまうのでしょう。

またVラインが生えている付近は、足の付け根やお腹が近いことから神経が多く集まっている箇所でもあるので、ちょっとした刺激でも痛みを感じやすい場所です。

そんなに痛いのにやるメリットは?

これほどまでに痛みがあると聞かされると脱毛する気もなくなりますし、メリットがあるのか分からなくなりますよね。

しかしそれでもvio脱毛には他の脱毛方法にはない魅力があるんです。

それは、

  • 自己処理をしなくて良くなる
  • 生理中のムレや痒みを軽減できる
  • 仕上がりがキレイで女子力アップ

など、痛みに耐えるだけの効果は期待できます。

自己処理をしなくて良くなる

レーザー脱毛の場合何回か通うことで永久脱毛に近いほどの脱毛力があります。

特にIライン、Oラインを自己処理する場合は範囲も狭く見えにくいため、脱毛のリスクが高いですよね。

数回痛みを我慢できれば、プロの手によってキレイなVIOを手に入れることが出来ますし日々の生活もラクになりますよね。

生理中のムレや痒みを軽減できる

生理中はナプキンの影響によって、ムレや痒みを引き起こしやすくなります。

アンダーヘアの処理を怠っていたり、ゴワついたままでしたら湿度も高くなり、不衛生になってしまいます。

VIO脱毛でキレイに処理する事でムレや痒みを軽減でき、不快感が少なくなります。

仕上がりがキレイで女子力アップ

VIOに限らず、女性が脱毛するのはパートナーに可愛くみてもらいたいという気持ちがあるからです。

痛みを我慢する事でアンダーヘアの形もキレイに整い、自分に自信がつくことで女子力もアップするでしょう。

パートナーと愛し合う時も気にならなくなりますし、男性からの好感度も上がる事間違いなしです。

VIO脱毛の痛みを軽減する方法

ここまでは、痛みの度合いや脱毛のメリットを説明してきましたが、実際に痛みを軽減する方法をお教えしたいと思います。

まず、これを言ってしまっては解決策にはならないと思いますが、気持ちの持ちようも大事です。

「VIO脱毛は相当痛いんだ」という事を自分の中で思っておくと、いざ施術の時は意外と我慢できたりします。

なので、まずは勇気をもって足を運んでみましょう。

さて、現実的な話に戻しますと、痛みを少しでも軽減するためには、

  • 生理前後は控える
  • 普段からVIOを保湿しておく

この2点が大切です。

生理前後は控える

基本的に生理前後というのは肌が敏感になっているため痛みを感じやすくなります。

これは生理中に分泌されるエストロゲンというホルモンの影響で、このエストロゲンが大量に分泌している間はお肌が荒れやすくなったりニキビが出来やすかったりとお肌の状態が不安定になっていますので、生理前後の脱毛は控えたほうが良いでしょう。

普段からVIOを保湿しておく

基本的に肌の痛みというのは乾燥していると強く感じてしまうんです。

日頃からVIO部分を保湿をしてあげる事で肌への潤いが定着しやすくなりますので、痛みも軽減出来ますよ。

まとめ

このようにVIO脱毛は相当痛みがあるということが分かると思います。

しかし何回か通うことで痛みに慣れてくるという人もいるようですので耐えられないということはなさそうです。

一度VIO脱毛でキレイを手に入れることが出来たら意外とハマる女性も多いですので、最初は勇気を振り絞って経験してみるのも良いかもしれませんね。

関連記事