vio脱毛の自己処理は必要?サロンに行く前の事前処理

   

vio自己処理 女性

かわいい下着や水着を着たいのにvioの毛のはみ出しが気になるという女性は多いと思います。

女性なら脇や足、腕だけではなくアンダーヘアのvio脱毛も考えますよね?

「自己処理をしてもいいけど難しい」

「自分でお手入れして失敗しそう」

などなかなか踏み出せませんよね。

そんな女性の多くは脱毛サロンでの処理を考えると思いますが、サロンに行く前は「少しは自己処理した方が良いのか?」「vioはどこまで剃ったら良いのか?」気になりますよね?

そこでvio脱毛のサロンに行く前の事前処理はどの様にしたら良いのか解説して行きたいと思います。

脱毛サロン前日にやる事

脇や足、腕などの脱毛でサロンに通った事がある方はご存知だと思いますが、サロンに行く前日には気になるvioの毛を必ず自己処理しておかないといけません。

これは脱毛の際にサロンではレーザーを使う為、レーザーの光を毛根のメラニン色素に反応させる必要がある為です。毛が長いままですとレーザーの熱の影響で他の毛も焼き焦げる可能性があります。

そこで自己処理をする事になると思いますが、vioだと難しくどこまでしたら良いのか分からないという方が多いと思います。

全部の毛を処理するという方は全て剃ってしまって大丈夫ですが形を整えようと思っている方は、vラインは自分が処理したい部分だけをお手入れしておけば大丈夫です。

iラインとoラインは基本全剃りで大丈夫です。

特にiラインとoラインは範囲が狭い為下着を履いた時に少しの毛でもはみ出しの原因になってしまいますよね?なので全剃りの方が脱毛後きれいに仕上がります。

自己処理方法ですが、カミソリと電気シェーバーのどちらを使っても問題ありませんが長さはなるべく2mm程度になるぐらいまでにするのが良いでしょう。

長い毛がある場合は先にハサミで短くしてから剃ると上手く行きますよ。

この方法を必ず前日までに済ませる事が大切です。

サロン当日に自己処理をすると、vioラインに赤みが出たり皮膚が荒れたりしますので脱毛を行ってもらえない可能性がありますので注意が必要です。

自身がない方はシェービングサービスを利用しよう

どうしてもvio脱毛の自己処理に自信がない方はシェービングサービスを利用する手もあります。

サロンでもシェービングサービスを行っているところもありますので事前に確認してみて下さいね。

特に初めてサロンで脱毛される方はお金を払ってでもプロの方にシェービングをお願いされる事をおすすめします。

慣れない自己処理で肌を傷つけたり、不自然な形や長さになってしまいますとサロンでの施術を行えない可能性が出てきますのでよく検討されるのが良いと思います。

また実際にプロの方と打ち合わせをしながら処理していきますので自分の希望通りのアンダーヘアに近づける事が出来ますよ

まとめ

このように脱毛サロンに行く前はアンダーヘアも事前処理が必要です。レーザー脱毛が基本ですのでどうしても前日にはvioの自己処理を行う事がキレイに仕上がるポイントなんですね。

に書いていますのでぜひ参考にしてみて下さいね。

関連記事